経験者MRの他製薬会社への転職

転職が盛んな業種の一つとして、MRが知られています。
MRとして働くと非常に給料はいいが、それ以上に精神史的にきつかったり、
数字に追われるなどいろいろ大変です。

そこで、いまの状況をよくするために他の製薬会社へ転職することはよくある。
もちろん製薬会社だけでなく、コントラクトMRとしてCSOで働くことも。

では、どんな感じで働けばいいのでしょうか。

いろいろ考えないと転職できない

転職できるMRと転職できないMRには違いがあります。
やはり、転職するに当たって動機がしっかりしていたり、数字として成果を出している必要がある。

「全国勤務はいや」「ストレスが多く、数字のゆるい職場がいい」など
ネガティブな理由によって転職しようとする人がいます。

これでは、相手先の製薬会社はあなたを採用したいと思ってくれません。

だからこそ、良い転職をしたいと考えるなら、それまでの成績を良くして
ポジティブな理由で転職することを相手先にアピールするべきです。

MR経験が2年以上は必要

では、実際にどれだけMR経験が必要なのかというと、基本的には2年です。
MRの求人によっては3年の経験が必要とあることがあります。
しかし、いずれにしても2年は必要です。

MR経験が1年であると、いってしまえば何も仕事のことを理解していません。
数字として結果が出たとしても、たまたまだと捉えられてしまいます。

そこで、2年以上のMR経験が必要になります。

仕事をするときに創意工夫できるようになるのは二年目からです。
講演会などを企画したり、医薬品卸MSと協力したりして数字を上げていくのは
仕事に慣れた二年目意向だから可能になります。

では、長いことMRをすれば転職で有利なのかというとそうではありません。
3年以上の経験がある場合、そこまで転職条件は良くなりません。
むしろ、不利になっていきます。

転職では年齢が高くなるほど不利になります。
年齢が若い人ほど年収を低く抑えることができ、使い勝手がいいからです。

製薬会社が求人を出すとき、35歳以上はその時点ではねられます。
20代なかばや20代後半が最も転職しやすいので、
3年以上経ったら早めに転職したほうが経験者MRは有利。

転職での注意点

あとは、他にも注意点があります。
まず、先に退職してしまうのはやめましょう。

MRが転職するとき、「やーめた!」と考えて先に会社を辞める人がいます。
しかし、これは非常に不利です。
製薬会社からしてみたら、無職の人を相手にしなければいけません。

子育てのために空白期間があるなど、納得できる理由があればいいです。
しかし、そうした理由なしに無職であると、求人へ応募しても採用が非常に難しくなる。

なので、必ず在職中に転職活動をしましょう。
先に会社をやめるのは厳禁です。

あと、学生時代に応募して不採用になった製薬会社であっても、
在職中の中途採用だったら問題なく応募できるので安心してほしい。

新卒採用と中途作用では色合いがまったく異なる。

新卒では何もない状態でスタートするが、中途採用では
これまでのあなたの実績が重視されます。
まったく違う土俵で勝負することになるので、基本的に問題ないと考えましょう。

ここら辺の転職活動での基礎知識については、
MRラボ:製薬会社MRの求人・転職情報でも述べられています。
参考にしましょう。

勤務希望地を考える

また、MRの欠点として全国勤務がある。
勤務地の問題で転職を検討するMRが多いくらい、わりと深刻な問題です。

転職することで勤務希望地は叶うのだろうか。

経験者MRなら、最初の勤務地なら希望を聞いてくれることがある。
しかし、次の勤務地については全国転勤になる可能性が高いです。

または、コントラクトMRを狙うという手法もあります。
CSOに所属するコントラクトMRであれば、
求人によっては勤務地固定を勝ち取ることが可能です。

この場合の年収アップは難しいですが、
勤務地固定を実現できるなら良しとしましょう。
年収が下がっても、他の業種の営業職に比べると非常に高年収です。

当たり前ですが、全国転勤が嫌なので転職するという
ネガティブな理由を面接でぶちまけるのはやめましょう。
誰もが納得できる理由を考えたうえで勤務地希望を出します。

経験者MRとしての転職を考えよう

これからMRで転職するのであれば、自分のキャリアの棚卸をしましょう。
製薬会社とはいっても、それぞれ特徴が異なります。

・大手製薬会社か中堅製薬会社か

・コントラクトMRはどうか

・ジェネリックや漢方MRはどうか

・エリア性か専門領域性か

場合によっては、オンコロジーMRを目指したり、大学病院担当を狙ったり
上にステップアップするために転職を利用する人もいます。

いずれにしても、MRで転職するにしてもさまざまな選択肢があります。
この中でどのようなMRになりたいのかを考えたうえで
転職活動しなければいけない。

専門領域といっても、免疫や糖尿病など細分化されているので
その中から自分にあう領域を見つけたり、他の領域を担当したいことを
アピールするなどしていきます。

しかし、MRの転職は早いほどいいので早めに転職エージェントに登録して
先に準備している人ほど良い求人に出会い、転職で成功しやすいのは当然だといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です